【HIPHOPファッション】伝説の仕立て屋ダッパー・ダンとは何者?【ハイブランド】

こんにちは!DJスクール仙台校です。

最近めっちゃハマっている曲がこちら!

AKLO×JAY’ED「Different Man」

テレビ東京系ドラマ「デッドストック-未知への挑戦-」のオープニングテーマにもなっているこちらの楽曲。怪しげで美しく、素晴らしい曲ですね。

楽曲自体もレトロとモダンが融合した心地よいサウンドですが、特筆すべきはPV。90年代のファッションを真似ている!ではなくそのまま使っている点がやばいです。


特にAKLOの着ているNIKEのセットアップなんかはよく見ると…ん???w というもの。

当時の人から見ると懐かしい、今の僕らが見ると超FRESHですよね。こちらのPVではDapper Danという人物のプロダクトも使用されているそう!これはびっくりです!!

 

 

さて、90年代HIPHOPファッションを語る上で欠かせないのがDapper Dan (ダッパー・ダン)という人物。この人は一体何者なのでしょうか?

Supremeなんかは彼の影響を受けすぎというくらいプロダクトに反映されていますね。

 

▼Dapper Dan (ダッパー・ダン)とは何者?


 

 

1984年にNYのハーレム地域125TH Streetに自身のブティックを開業。HIP HOP界では伝説の仕立て屋と呼ばれています。
彼の作る洋服の特徴はハイブランドのサンプリング。当時のラッパーやハスラーはハイブランドを身に着けたくても高すぎて買えない / 自分達のスタイルに合わない / ハーレムという地域の黒人差別という理由でなかなか着用できなかったそうです。
それを可能にしたのがダッパー・ダンです。彼はハイブランドの服やバッグの生地を使い様々な洋服を生み出しました。

 

※当時のハイブランドではあり得ないようなデザイン

モチーフとなった主なブランドはLOUIS VUITTON (ルイ・ヴィトン)、GUCCI (グッチ)、MCM (エムシーエム)を中心としていました。中にはNIKE (ナイキ)NAUTICA (ノーチカ)などもリメイクを行っていました。

やっている事はいわゆるブートレグ (偽物 / 海賊製品) ですが、ダッパー・ダンはとにかく質にもこだわったことも有名です。使っている素材のレザーやベロア、スウェード等は上質なものを使い、本物に負けない高級感があったそうです。

 

方法論としてはHIP HOPの音楽の作り方と同じ。古き良きものをサンプリングして再構築して、FRESHなイケているものを生み出す。これを洋服で先駆けてやっていたのがDapper Dan (ダッパー・ダン)なのです。

 

▼Dapper Dan (ダッパー・ダン)を好んだアーティスト


ダッパー・ダンの作ったプロダクトは時代的な背景も相まって様々なアーティストに好まれました。その一部をご紹介します。

 

ERIC B & RAKIM

 

この写真はERIC B&RAKIMのアルバムのジャケットにもなっていますね!よく見るとお馴染みのグッチのパターンですが、背面には両者の名前がガッチリ。

 

Big Daddy Kane

おそらく真ん中にいる男性はBig Daddy Kane。手前の女性が着ているジャケットはダッパー・ダン製のグッチジャケット。ビッグ・ダディ・ケーンはインタビューで車の内装をグッチパターンにしてもらったと語っていました。おそらく後ろの車がソレですねw
ちなみに右の男性が着ているラグビーシャツですが、最近Supremeがサンプリングしていました!

 

Jam Master Jay

 

RUN DMCのDJでお馴染みのJam Master Jayです。上下と帽子全てダッパー・ダン製のヴィトンのブートレグ!超イケてます。靴はもちろんAdidasですw

 

▼Dapper Dan (ダッパー・ダン)の現在


 

 

ダッパー・ダンは昔ヴィトンやグッチのモチーフを中心に扱っていました。もう20年も前の事です。
今年になりある物議を醸し出す騒動が起こりました。こちらの写真を御覧ください。

 

 

左は20年前にダッパー・ダンが手がけたヴィトンモチーフのファーコート。そして右が今年の6月に発表されたGUCCI (グッチ)の2018年コレクション。もうほぼ一緒と言っても過言ではありませんね。笑
これが話題となり、GUCCIはダッパー・ダンの影響を受けオマージュとして作った事を認めました。その後なんと….

 

 

Dapper Dan (ダッパー・ダン)自身がGUCCIのオフィシャル広告のモデルをするという結果に。


それに加えGUCCIはダッパー・ダンのサポートを発表。ハーレムのスタジオと店舗を再開させ、GUCCIパターンの生地などの提供もするそうです。

つまりブートレグ (偽物 / 海賊製品 )を手がけていた人物が、GUCCIオフィシャルの製品をデザインするようになるというとんでもない事態に発展しました。今後はコラボモデルも発表するという噂もありますので楽しみですね。

先日のLOUIS VUITTONSupremeのコラボもそうですが今回のGUCCIの動向も同じく、ハイブランドがストリートカルチャーのクリエイティビティを認めざるを得ないところまできたのかなと感じる部分ではあります。

 

 

 

今回は音楽ではなく、ファッションな内容になってしまいました。
ただHIPHOPを語る上でファッションは超重要。是非皆さんもその辺気にかけて昔の曲のPVを見てみるのも面白いですよ!

 

HIPHOPファッションについてはこちらの「フレッシュに着こなせ」という映画が詳しいのでおすすめです。最初期のHIPHOPファッションから現代まで網羅した映画です。Netflixにもありますのでどうぞご覧くださいませ。
今回取り上げたDapper Dan (ダッパー・ダン)も登場致します!

 

 

 

 

▼DJスクール仙台校では無料体験スクールを受付中。


仙台校では無料体験スクールを絶賛受付中!

「機材は買ったけど、どう練習すれば良いかわからない…」

「新しい趣味を始めたいけど、何をすれば良いのか。」

「毎日仕事と家の往復ばかり。新しい刺激が欲しい。」

「もっといろんな人と触れ合ってみたい!」

そんな方々は問い合わせフォームから是非申し込んでくださいね!在校中の生徒さんたちの声も参考にしてみてください。

こちら!

最近は宮城県内のみならず、青森 / 秋田 / 岩手 / 福島 / 山形といった東北6県の生徒さんもいらっしゃいます。
各生徒様に合ったカリキュラム / 通い方を提案させていただきますので気軽にお問い合わせください!

  

 

 

 

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。