【日本語ラップ】今1番注目を浴びているラッパーの魅力に迫る【SALU】

こんにちは!lll FAITHS DJスクール仙台校です!

 

最近は洋楽のHIPHOPやEDMの記事が多かったので、今回はスクールの生徒さんや無料体験でも根強い人気を誇るジャンル日本語 HIPHOPを特集したいと思います!

 

そしてその中でも今回は待望のNEWアルバムをリリースした次世代ラッパーSALUにスポットライトを当てたいと思います。

SALUのプロフィール、過去のオススメ曲から新曲までご紹介いたします!

 

▼SALUって?


 

二度はない人生
this is my life you know
後悔しても僕らは止まれない
二度はない人生
this is my life you know
どうなるかな 僕らの未来はI dont know…

[In My Life]

歌い方、ラップの仕方に特徴のあるSALU。
彼のリリックとフロウは唯一無二。
そんなSALUは札幌で活動をスタートしました。

 

1988年札幌生まれ、神奈川育ち。14歳で日本語でラップを書き始めた噂のニュータイプ、SALU (サル)。
根無し草のように日本各地、果てはシンガポールを転々とし、路傍の詩人としてスタートする宿命を背負った彼ならではのワードセンスと胸に刺さる詩情溢れるリリックは、香取慎吾、尾崎豊さんの長男でシンガーソングライターの尾崎裕哉、湘南乃風の若旦那、また海を越えて韓国のラップスターiKON など、作詞オファーも後を絶たないが、ラップという音楽スタイルもあり、ある意味では代官山のセレクトショップのような、”知る人ぞ知るシンガーソングライター”だったブルー(=INDIGO)の色彩を帯びた孤高のカリスマは、衝撃のデビューアルバム『In My Shoes』から5年かけて、ホームベース=ATSUGIから世界が注目する特殊性と多様性に満ちたこのTOKYOを五感で感じながら、競争と嘘が横行するこの街に転がる世界に羽ばたくチャンスを、本腰を入れて掴みにいこうとする意気込みと成長がうかがえる。
2017年5月24日に4枚目のアルバム『INDIGO』をリリース。

 

脅威の新人として数年前に日本語HIPHOPシーンに現れたSALU。
その勢いはとどまるどころか、年々勢いを増し常にシーンの最前線にて進化し続けています。

 

その注目ぶりはYahooでも記事になるほど。

 

 

日本語HIPHOP初心者でも聞きやすくて共感しやすい曲が多いのもSALUの魅力のひとつです。
ということで代表曲を何曲かご紹介!

 

 

SALU / Tomorrowland (Music by tofubeats)

 

 

前作アルバムのリードシングル。トラックは日本屈指のプロデューサーtofubeatsが手がけています。
さすがイントロからカッコいいですね!

 

 

AKLO / RGTO feat.SALU, 鋼田テフロン & Kダブシャイン

 

 

こちらはSALUの盟友であるAKLOとコラボとした話題作。ベテラン K DUB SHINEと共に間違いないラップを披露しています。PVも面白いのでぜひ見てみてください!

 

 

SALU / In My Life

 

 

SALU一番の人気曲。この曲はなんといっても歌詞がいいですね。
In My LifeをきっかけにSALUのファンになった人も少なくないはず。
必聴です。

 

 

▶NEW ALBUM『INDIGO』ってどんなアルバム?


 

そんなSALUが待望となる4枚目のアルバムをリリース!!

突如発表になった“エピソード3.5”となる『YEDI』のミュージックビデオと共にリリースが明らかになったSALUの4thフルアルバムは、多彩な客演やトラックメイカーを迎え、東京をサバイヴするセンシティブなラッパーの視点からポップス表現の最高地点を標榜し、SALU史上最高にキャッチーなアルバムになっている。このアルバムはSALUのセルフプロデュースになっているのも特徴だ。

タイトルの『INDIGO』は、本人がこのアルバムを制作する過程でイメージした藍色。収録曲のリリックのメッセージは、恋人、親友、生まれてくる同胞(子供たち)、人工知能ロボット、社会情勢等、様々な対象にむけた愛を歌っていて、愛に染める(=藍染)という想いが通底するテーマとなっている。またこのアルバムでSALUが伝えたい感情や考え方が、ジーンズのように人々の日常に溶け込んでほしい、染み込んでいってほしいという想いが込められている、今のSALUの満ちたエモーションから発せられた“開かれた作品”なのだ。

 

個人的な感想としては前作と比べるとかなりポップで明るいアルバムに仕上がっていますね。

いわゆるクラブバンガーとなるような盛り上がる曲はそれほど入っていませんが、中毒性がありつつも、聞きやすいアルバムです!

それでは今回のアルバムの収録曲を少しだけご紹介。

 

 

SALU / WALK THIS WAY

こちらの曲は今回のアルバムのリード曲。SALUらしいキャッチーな仕上がりになっています。
NYで全て撮影されたというPVも素晴らしいですね。

 

 

SALU / 夜に失くす feat. ゆるふわギャング (Ryugo Ishida, Sophiee)

今回のアルバムの中でも人気の一曲!
今をときめくHIP HOPユニットゆるふわギャングが客演として参加。SALUとの絶妙な化学反応が楽しめます。

 

 

SALU / YEDI

 

珍しい全編英語詞ですが、注目すべきはその歌詞の内容です。
映画STAR WARSファンならニヤリとしてしまうSALUのダークな内面が綴られた曲となっています。

 

 

▼ニューアルバム注目の客演陣!


 

過去には数々のアーティスト達と共演してきたSALU。

KOHH / AKLO / NORIKIYO
SPICY CHOCOLATE / 清水翔太
中島美嘉 / 青山テルマ

etc…

 

 

今回のアルバムでも多彩なアーティストとコラボしています。

ゆるふわギャング

先ほどご紹介した夜に失くすでは今大人気のHIP HOP男女ユニットゆるふわギャングとコラボ。

ゆるふわギャングRyugo IshidaSophieeという二人のラッパー、そしてビートメイカーであるAutomaticからなるHIP HOPユニット。

去年結成したばかりの彼らですが、若い世代を中心に着実にファンを増やしていき、アルバム制作資金の為に行ったクラウド・ファンディングで目標額の5倍の資金を集めたことからも、その人気と注目ぶりが分かります。

2017年も更なる飛躍を遂げることが予想される彼ら。引き続き要注目です。

 

Dippin’ Shake / ゆるふわギャング

漢 a.k.a GAMI/   D.O

 

 

アルバム2曲目LIFE STYLEではフリースタイルダンジョンでおなじみ、漢 a.k.a GAMIと、人気バラエティ番組「リンカーン」にも出演し、独特な喋り方やキャラクターも人気のギャングスタラッパーD.Oという異色のコラボ。

1993年代生まれの「ゆるふわギャング」に対して、こちらの二人は昔から日本語ヒップホップシーンにいる大御所です。
長きにわたって日本語HIPHOPシーンで活躍し、アンダーグラウンドの現実を題材にラップしてきた彼ら。二人ともメチャクチャ怖い見た目ですが、キャラクターとのギャップにやられます。
何よりラップがカッコいいです。

 

漢 a.k.a. GAMI / my money long

D.O – I’m Back

 

 

▼まとめ


いかがだったでしょうか。
是非アルバムを購入してみてじっくりSALUの世界を堪能してみては?今回紹介した以外にもまだまだ沢山名曲があるのでそちらも是非聞いてみてください!

 

 

●リリース情報
『INDIGO』
2017年5月24日(水)発売
価格:初回盤 (CD+DVD) ¥3,700(税込) / 通常盤 (CD) ¥2,900(税込)
品番:初回盤 TFCC-86587 / 通常盤 TFCC-86588

SALU オフィシャルサイト
https://www.salu-inmyshoes.com

 

 

フリースタイルダンジョンなどの影響もあって、近年幅広い年代層に人気の「日本語HIPHOP」というジャンル。
DJ練習やMIX製作でも生徒さん達の強い要望で日本語HIPHOPの楽曲を使用することが増えてきました。

EDMや洋楽のHIPHOPだけでなく、
もちろん日本語HIPHOPでもDJすることができます。

気になる方はお気軽に無料体験に参加してみてください!

 

DJスクール仙台校では無料体験スクールを受付中。


仙台校では無料体験スクールを絶賛受付中!

「機材は買ったけど、どう練習すれば良いかわからない…」

「新しい趣味を始めたいけど、何をすれば良いのか。」

「毎日仕事と家の往復ばかり。新しい刺激が欲しい。」

「もっといろんな人と触れ合ってみたい!」

そんな方々は問い合わせフォームから是非申し込んでくださいね!在校中の生徒さんたちの声も参考にしてみてください。

こちら!

最近は宮城県内のみならず、青森 / 秋田 / 岩手 / 福島 / 山形といった東北6県の生徒さんもいらっしゃいます。
各生徒様に合ったカリキュラム / 通い方を提案させていただきますので気軽にお問い合わせください!