【EDM好き必見】誰でもできちゃう!? 【DJ】

こんばんは! lll FAITHS DJスクール 仙台校です!

 

今月も多数の生徒様に入校いただいております。ありがとうございます!さて、開校当初からこんな質問が多く寄せられます。

 

「今まで楽器触ったことないのですが、私でもDJできるようになりますか?」

「EDMが好きなんですが、早い曲が多くて難しそう。」

「自分で機材は買ったものの、挫折してしまいました。そんな私でもできるようになりますか?」

 

当校の生徒さんの中でも人気のジャンルはもちろんEDMです。

 

 

 

DJのレッスンでも最初はEDMの繋ぎ方から練習します。それは何故かというと、他のジャンルに比べ簡単に繋げられて、1番最初のレッスにもってこいだからです。

EDMが大好きで、DJやってみたい!なんてそこのあなた!必見です!w

EDMは音の種類がシンプル

皆さんご存知かとは思いますが、EDMとは Electronic Dance Music (エレクトロニック・ダンス・ミュージック) 略です。つまり、パソコンやシンセサイザーなどの電子機器を使って創り出すダンスミュージックのことをEDMといいます。

 

 

DJ初心者ガイド〜MIXとは?〜 こちらの記事をご覧いただいた方はわかると思いますが、DJは様々な曲のビートの速さを合わせてノンストップで曲をガンガンかけていきます。

他のジャンルの音楽は大抵、人間が楽器を演奏して作曲しますよね?そうすると、ビートが正確ではなかったり、他の楽器との抑揚の兼ね合いでビートが取りづらかったりします。

EDMの場合は電子音で構成され、パソコン上で曲を作ります。そのためビートが正確で、複雑な生の楽器の音があまりなくDJする際波形が見やすく簡単にDJすることができます。

 

EDMは曲の速さがだいたい一緒

DJをする際に始めたばかりの人が1番最初につまずくポイントはピッチ合わせ(曲の速さを一緒にする)です。

曲をスムーズに繋ぐためには、曲の速さを合わせる事が必須のスキルとなります。2つの曲の速さを合わせるというのは言葉にするのは簡単ですが、意外を難しいのです。

 

 

曲の速さの単位をDJ界ではBPMと呼んでいます。BPMとは簡単にいうと1分間に刻むビートの回数です。

EDMの曲を聴いていると気分が高揚し盛り上がりますよね?これはEDMの曲の速さがBPM130前後、これは人間のドキドキした時の心臓の速さと同じくらいの速さなんです。人間が気分が高まっている時の速さと同じなのでEDMを聴くと気分が高まる・盛り上がるんです!

先ほども言ったようにEDMの曲はほとんどBPMが130前後なので、曲をつなげる時も比較的簡単にビートを合わせられ、初心者でも簡単にDJできるのです。

 

EDMは曲の構成がわかりやすい

DJをする時に必ず意識するのは曲の構成です。イントロ・Aメロ・サビ….のように曲には構成があります。

 

 

DJは曲の構成を意識し、お客さんが1番盛り上がりやすいように曲を繋いでいきます。イメージとしては、曲の美味しいところ ( 映画やドラマでいうとクライマックス ) 上手く繋いでお客さんを飽きさせず踊らせ続けるのです。

EDMは曲の構成がハッキリしていて、わかりやすくDJがしやすいのです。

 

 

最後に

EDMでのDJが他のジャンルに比べ、シンプルでやりやすいというのはなんとなく理解していただけたかなと思います。

DJは他の楽器などに比べ基礎を学べばすぐできるようになります。上手いDJと呼ばれるようになるには、お客さんの心を読んで飽きさせない選曲できたり、お客さんが驚くような繋ぎ方をしたり、超絶テクニックをもっていたり…アイディア次第です。(もちろん努力も必要ですが)これを読んでいるあなたも隠されたDJの才能があるかも!!!!

 

 

DJを始めると、曲の構成や音について深く知ることになるので音楽を聴くのが100倍楽しくなります

 

このブログも読んで、ちょっとでも気になった方は当校の無料体験レッスンに申し込んでみてくださいね!DJ最初の一歩が無料で学べます!