【仙台古着】Champion リバース・ウィーブの愛される理由【Reverse Wave】

安室ちゃんの様に40歳で引退する為には、後5年しかないです。こんばんは1Pです。

 

今回は色褪せることのないあのクラシック。スウェットの王様についてです。

 

▼Champion Reverse Wave (リバースウィーブ) とは


なんの世界でも『栄え氏者はいつかは滅びる』そう教わってきたました。そうでも無いのも世の中には有るのだと言う事を教えてくれたのが、古着から派生して教わった幾つかのブランドや今日のテーマである皆様ご存知Champion Reverse Wave (リバースウィーブ)です。
Championのスウェットと呼ばれがちですがこのblogを読んで頂いた後は、商品名であるリバースウィーブと呼んであげて下さい。

 

 

 

 

1934年誕生以来、スウェットシャツのパイオニアとして広く愛され続けるChampionの不朽の定番。
スウェットが縦方向に縮むのを軽減するために、本来縦に使われている生地を横方向に使用。 この編み生地の縦と横を逆にするという意味から「リバースウィーブ®」と名付けられました。また、脇の下から脇腹にかけてリブの素材を使い横の縮みも軽減する他に、動きやすさも可能にした文句なしの1品そりゃ長い事愛されますよねーってスウェットです。

 

 

アメカジ / 古着と言えばまずは!!的な感じで、古着好きならば一度は袖を通すであろうリバースウィーブ スウェット。
忘れもしない僕も中1の時に地元青森の古着屋で購入した思い出があります。うっすらしか覚えてませんが、ボロボロのグレーボディーにカレッジプリントのベタなヤツでトリコタグだったと思います。

ここ数年の90sスタイル人気の流れで又もや脚光を浴びる事になったわけなChampion リバースウィーブ。いよいよ1世紀まるまる人気物でい続ける日も近くなってきたわけです。

 

▼OOOOOにも入荷!


 

 

秋も深まりを見せつつある仙台ですが此処ぞとばかりにOOOOOにも入荷です!あくまで、個人的な見解ですがカラーリバース (※写真上)の黄色と紫に関してはmade in MexicoですがU.S.A madeより身幅がゆったりでかなり今の気分っぽく着れるのでは無いかと思って仕入れて来てます!

1着は持っておきたい、持って置くとかなり使えます。愛されるには理由があります。是非、店頭にて100年近い歴史をご試着しに来て下さい。

 

先ほどから、トリコタグやらmadeがなんちゃら言っておりますが、詳しく知りたい方は、お時間ある方、こちらの方が詳しく書いてますのでご覧になってみて下さい!

 

こちら!

 

それでは、今週末もOOOOO / AS IS / GMMを宜しくお願い致します!!

 

▼▼▼ASIS / OOOOO / GMM通販はコチラ▼▼▼

 
 
 
 
 
▼As Is INSTAGRAMはコチラ▼
 
 
 
 
▼OOOOO INSTAGRAMはコチラ▼
 
 
 
▼GMM INSTAGRAMはコチラ▼
 
 
 
▼▼▼ASIS/OOOOO LINE@はコチラ▼▼▼